海猿?海上保安庁の彼氏と付き合いたい!90%出会える方法とは?

umizaru08_1024_768

私は33歳、保育士をしています。今付き合っている彼は国家公務員なのですが、最近話題になった「海猿」こと海上保安官です。

今の彼と付き合うまでは海上保安庁という言葉すらあまり知らなかったのですが、彼から映画の海猿が海上保安官であるということを聞いてびっくりしました。

とういうのも海上保安官全員が海猿のように海に潜って人を助けるわけではなく、あくまで海上保安官の中で選ばれた人のみが海猿になれることから、映画のような仕事をしている彼と同じ会社の仕事であるとは結びつきませんでした。

海上保安庁の彼氏と出会った場所は?

今の彼とは合コンで知り合いました。私の友人が海上保安庁のキャンペーンで、「一日海上保安官」というキャンペーンガールをしたのですが、その時に海上保安庁の方から合コンのお誘いが猛烈にあったようです。

確かに友人は容姿もスタイルもきれいなので、そのキャンペンガールに抜擢されたのですが、海上保安官はとにかく合コン好きなのか、飲み会好きなのか、猛烈にお誘いされたようです。

私はその友人から、「合コンがあるから一緒に来てほしい」と頼まれ、私のほか親友数名で合コンに参加しました。

海上保安庁の方は飲み会で上司にお酒を注いだり、常に気を遣うように指導されているのかわからないのですが、とにかく女性陣への配慮は長けていて、お酒が空になれば直ぐに持ってきてくれたり、とにかく気が利く人たちだなという印象があります。

海上保安庁の彼氏と付き合うようになったキッカケは?

 

彼と初めて出会った合コンはとても盛り上がり、楽しい時間を過ごすことが出来ました。その合コンに参加していた男性陣の一人とちょうど隣に座る機会があり、色々話をしました。
趣味の話になった時、話題がソフトテニスになりました。私は中学生のころソフトテニス部に所属していたのですが、どうやら彼の方も中学、高校まで同じくソフトテニス部だったらしく、共通の話題になったのです。
学生時代の部活の苦労話等、共通する部分が多く、楽しくお話ができました。そして「今度一緒にソフトテニスしよう」という約束までして連絡先を交換しました。
しかしその合コンでは、途中で男性陣が職場から呼び出しがあり、「緊急出港」するということになり、途中で解散せざるを得なくなりました。私の女友達の中で、男性と連絡先を交換できたのは、私だけだったようです。
合コン後、彼から連絡が来るようになりました。合コンは途中で中断してしまったお詫びとしてということで、ご飯をごちそうしてもらいました。

 

022a9621182286bda39d000cec7885a2_s

 

その後も一緒にソフトテニスをしに行ったり、定期的に食事をしに行くような仲になったころ、彼の方から「付き合いたい」と告白してきて、お付き合いするまでに発展しました。

 

 

海上保安庁の彼氏と出会いたい人へのアドバイス

 

海上保安庁の仕事をしている人は本当に仕事に対してプロ意識があり、責任感があり、カッコイイと思えます。ですが、海上保安庁の仕事をしている人と出会いたいと思っても、なかなか出会う機会はないかもしれません。
というのも、海上保安庁に勤務している人は全国でも1万3千人くらいだそうです。男性が殆どの職場で、出会いの場の殆どは合コン等、知り合いや友人の伝手で出会うことが多いです。
ただ、海上保安庁はよく巡視船を公開見学したり、体験航海という、一般のお客さんを巡視船に乗せてくれる活動をしていますから、そういうところに敢えて積極的に行ってみるのも、出会いのチャンスを見つけるきっかけにはなるかもしれません。
海上保安庁だけではない公安職全般において共通すると思いますが、海上保安官の彼氏と付き合っていることで苦労する面は多々あります。それが「緊急呼び出し」です。

 

7805480a3957e8604fafa687f150580f_s
私が彼と出会った際の合コンでもそうでしたが、いつ何時事件事故が起きて職場に呼び出されるかわからない職場なので、携帯電話は肌身離さず持っています。呼び出しがあればお酒を飲んでいようが、彼女と一緒にいようが、職場に行かなければなりません。
場合によっては呼び出しを受け、巡視船で「緊急出港」し、何日も彼が海の上に行ってしまうことから、連絡が途切れてしまうこともあります。そうなるとやはり彼女の立場としては、いつ戻ってこれるんだろうとか、実は浮気をしているのかとか、色々心配になってしまうものです。
しまいには、折角楽しみにして彼と旅行の計画を立てていても、その呼び出しで全ての計画が白紙になるなんてことも往々にしてあります。海上保安庁の彼氏を欲しいと思う場合は、自分自身もそれなりの覚悟をして交際をしようと決心しないと、彼と長く付き合ってはいくことができないでしょう。
そんな不安や苦労を抱えていることを知っているからこそ、海上保安官の彼は私には優しくしてくれているのかもしれません。海上保安官と出会いたいと思うだけでは、きっと長続きはしないでしょう。出会った後に、海上保安官の仕事を理解しつつ、彼を愛し続ける努力をする覚悟が必要です。

 

海上保安庁の彼氏に90%出会える「恋活アプリOmiai」に登録する⇒