戯曲好きな彼女と付き合いたい!90%出会える方法とは?

629d10487a8fcbbac287960193d8ae8d_s

 

はじめましてMURAともうします。私が44歳の時の体験です。 私は特に若い時には、映画、演劇、音楽に生活の時間のほとんどを使っていました。

 

生活に必要なお金以外は、これらの観賞と勉強に使っていたと言ってもいいくらいです。仕事もこれらに関係するものに付きたいと考えていました。

 

映画に関しては、映画の雑誌の評論の公募に応募して、最優秀賞を取りました。そしてプロの映画評論家としてデビュー出来ました。ところが映画評論家では生活が出来ないのです。

 

生活費はアルバイトで稼いでいました。 書く事が好きでしたから、映画なら評論、シナリオ、演劇なら戯曲、音楽なら作詞をやりました。友人の芸能プロのマネージャーから頼まれて、役者のゴーストライターの仕事をしていた時期もあります。

 

現在でも生活費は定職に付いて稼いでいますが、趣味は若い時と変わりません。 私も友人たちも年齢を重ねましたから、若い時のように、いろいろなものを観賞して議論する時間は無くまりましたが。趣味は今でも持ち続けています。

 

 

戯曲好きの彼女との出会いについて

 

私も周りの人間たちも生活に追われるようになりました。結婚、子育て、介護の問題を抱える人もいます。私は趣味を捨てる事が出来ませんでした。やはり書く事が好きでした。

 

プロへの道は殆ど諦めていましたから、完全な趣味として何かやりたいと思いました。戯曲ワークショップの募集を見つけ、それに参加する事にしました。週に一回の授業で八回です。八千円という安い金額で受けられました。

 

このワークショップに彼女も参加していました。私より八歳年下です。一回目の授業で席が隣になったのが運命の悪戯か偶然であった様に思います。彼女は私の若い時の経験や知識に凄く興味を持ってくれました。毎回二人で授業を受ける様になり、終わっても必ずお酒を飲む間柄になりました。演劇の話を中心に、映画、音楽、文学の話をしました。

 

 

戯曲好きの彼女と付き合うようになった経緯とは?

 

戯曲ワークショップで出会ってから、毎週二人は隣の席に着くようになりました。授業の課題として出されて書いた作品は、必ず二人で見せ合い、そして真剣に意見の交換をし、二人だけでブラッシュアップする事が決まりの様な雰囲気が出来ていました。

 

アマチュアですから、結構好きな事を楽しく言えるのが良かったです。二人は好奇心も向上心もありましたね。授業が終わると、生徒と戯曲のプロの先生とみんなで居酒屋等でお酒の席を持つ事もありました。 その時も私達は並んで席に着きます。少しでも彼女の近くにいたかったからです。

 

あっという間に二か月が過ぎました。ワークショップが終わってしまうのです。彼女と会えなくなってしまいます。正直、私は焦りましたね。何としないといけない。彼女との関係を続けたいと思いました。何かを創る歓びを彼女と共有したかったのです。

 

ただ、映画を観たり、演劇に足を運んだり、コンサートに行くだけでは満足出来なくなっていました。もちろん、いろんなものを二人で観に行きました。楽しくお酒も飲みました。

 

でも、もっと違うものを求めていました。 せっかく戯曲の勉強をしたのですから、それを発表したいと思うのが自然な成り行きです。二人で、演劇の好きな人達を集めて、素人が参加出来る演劇のお祭りに参加する事を計画しました。

 

そして参加を決めました。私は彼女を女性としても好きでしたが、演劇を創る大切な同士として必要な人間だと思っていました。二人で演劇を創る作業はしんどかったですが、最高に充実した日々でした。

 

 

戯曲好きの彼女と出会いたい人へのアドバイス

 

ものを書く事が趣味の人は多いと思います。私の場合は戯曲になりましたが、シナリオでも作詞でも文学でもいいと思います。自分もそうでしたが、ものを書きたい人間は、社交性や協調性が苦手な人が多いように思います。

 

書くという作業は一人で黙々と続ける作業ですから当たり前です。メンバーと一緒にやるスポーツとは違いますからね。 作家と言っても素人ですから、たった一人で独学で書き続ける事は大変な事だと思います。私もいつも挫折してしまうのですが、強い意志の力が無いと続けられません。そんな時に利用したいのが、最近ではワークショップの存在です。昔は文章教室とかシナリオ教室とか呼ばれていたものです。

 

今はワークショップが隆盛の時代です。雑誌の募集や新聞の広告、百貨店が開催するものまで、何でもあると思います。 物書きは孤独な作業という概念を捨てましょう。みんなで仲良く楽しくやる方向を考えてみてください。私が演劇を選んで戯曲の勉強を始めたのも、個人では創れなくて、集団の作業であるからです。戯曲はそれだけでは価値は半分です。

 

演劇として小さくてもいいですから、劇場で公演してお客様に見てもらって喜んで貰えたら成功です。この集団の作業が楽しいのです。 演劇は男性も女性も必要です。ですから、そこに男女の出会いも生まれて当然です。みんなが一つの作品に向かってお金儲けは出来ませんが、いろいろなアイデア、想像力、知識、それらを総動員して創り上げます。

 

素晴らしい人間関係だと思います。その時に、男女の恋愛が生れたとしても当然ではないでしょうか。演劇を創るという刺激が男女の関係にも何らかの作用を与える。これは素敵な事だし、みんなが憧れる関係ではないでしょうか。

 

二人が同じ方向を向いている時ほど、男女の関係は上手く行くものです。二人のお付き合いが順調に進み、芝居も満足のいくものが完成したら最高ですね。同じ趣味を持った人間をたくさん集めましょう。絶対に楽しくなります。参加は自由ですから、やりたい時にはやる。

 

今年は少しお休み、これが長く続ける基本です。 まずは人間関係を広げましょう。二人だけで煮詰まってしまうのが一番残念な事です。

 

二人の関係をオープンにしてみんなに祝福されたら、趣味と恋愛の共存が可能になります。演劇と言う趣味に二人で同じ方向で頑張り、男女として心が向き合えば最高のカップルです。そのような人が増えたらいいと思います。

 

 

pairsなら90%の確率で戯曲好きの彼女に出会える?!

 

戯曲好きの彼女を見つけるならpairsがおすすめです。

pairspic

 

▼ペアーズでは15,000以上のコミュニティが存在します。

pairs

 

もし、あなたが戯曲好きな彼女と出会いたい…と思ったら、コミュニティ画面の右上で「戯曲」などで検索してみて下さい。すると、戯曲好きな人のコミュニティが色々と出てきます。

 

ペアーズの特徴としては、、、

・男女ともに無料で登録可能
・Facebookの友達同士はは表示されない
・Facebookのタイムラインでは投稿されない
・日本最大の会員数が登録している

 

まずは、お気に入りの人がいるか写真やプロフィールをチェックしてみましょう!

戯曲好きの彼女に90%出会える!「婚活アプリpairs」に登録する⇒